ピアノで人の声

オーストリアの文化団体Wien Modernと作曲家Peter Ablinger氏によるプロジェクト。

ドイツの小学生が「Proclamation of the European Environmental Criminal Court(ヨーロッパ環境犯罪撲滅宣言)」を読んだ録音を、一旦離散フーリエ変換して、それをピアノの音階に割り当ててるみたい。で自動演奏。

ピアノだけなのに、ほんとに人が話してるみたいに聴こえるから不思議。

字幕ありで見たらほんとにピアノがしゃべってるみたい。

発想としてはなくはないけど、ほんとにやっちゃったのがすごい、、

関連して(?)松本昭彦先生がMax使ってリアルタイムにオーディオ信号をMIDIイベントに変換してるデモ。

試してわかった事は、人間の音声は12平均律なんかでは到底再現できないということ。
微分音(マイクロトーン)がかなり含まれています。これを強制的にMIDIの12平均律にマッピングするとどんどん音声のリアリティーは失われてきます。

Max使いこなせてたら楽しそう、、

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中