A-Trak on the 1's and 2's @ Fat Beats, NYC (The Final Day)


以下A-TRAKがいかにすげーか引用。続きはこちらね。

アレン・マクロヴィッチが初めてレコードをスクラッチしたのは13歳のときだ。1995年のことだったが、ターンテーブルは彼の父親のもので、まだミキサーはなかった。しかし、彼は誕生日のときにもらったお小遣いで中古のテクニクス1200ターンテーブルとミキサーを購入した。その後、他の子供達がスポーツやテレビに夢中になっている間、放課後になると彼は家の地下室にこもって DJの練習をしたり、ピート・ロック、DJプレミア、ジャジー・ジェフのレコードを聴いたり、DJビデオを研究したり、兄のデイヴに新しく学んだスクラッチを披露した。

2年後、まだ脇毛もロクに生えていないモントレオール出身の彼は、 DMCワールド・チャンピオンの座を獲得し、Qバートとミックスマスター・マイク率いるベイ・エリア出身のDJクルーであるインヴィジブル・スクラッチ・ピクルスの名誉会員となった。このクルーの解散後、彼はマイアミのDJクレイズとアライズという新しいチームを結成した。その後、A-TRAKは1999年と2000年のITFワールド・チャンピオンシップで優勝し、1999年ベスタクス・ワールド・エクストラバガンザと2000年DMCチーム・チャンピオンシップでクレイズと共に優勝した。最年少のワールド・チャンピオンになった以外に、彼は世界の3大タイトル(DMC、ITF、ベスタクス)を獲得し、5つのワールド・チャンピオンシップで優勝した唯一のDJとなった。18歳の若さでA-TRAKはDJバトルから引退することを決意した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中