Scrabbleゲームをモチーフにしたインスタレーションアート

アメリカではポピュラーな、クロスワードパズル風のボードゲーム、スクラブルゲームをモチーフにしたインスタレーションアート。

スクラブルは参加者各自にアルファベット1文字が書かれた札を7枚ずつランダムに配られ、それを使って英単語を作り、クロスワードパズルの要領で、盤面に置いていくゲームです。文字ごとに割り当てられた点数や、ボードの各マスに割り当てられたボーナス点などを加算し、最終的に点数の高い人が勝利、というゲーム。

この映像では、ビルの各部屋をスクラブルのボードに見立てて、最後に登場人物が単語たちに変換されます。
(オチなんだけど、日本でスクラブルがあまり馴染みない気がするので説明しときます。)

Agence : Ogilvy & Mather, Paris
Directeur de Création : Chris Garbutt
Créatifs : Baptiste Clinet, Florian Bodet, Nicolas Lautier
Production Agence : Laure Bayle
Directrice Conseil : Marie Charlotte Lafront

Réalisteur : Les Vikings
Production : Paranoïd
Son : Appolo

スクラブル オリジナル
B0000AP4RQ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中