[Interactive Installation]Obstruction

e119

KinectとOpenCVを利用した可愛らしいインスタレーション作品。
映画を観ている観客の前を通ると邪魔そうに避けてくれるというアイディアワークです。
前を通ったヒトが申し訳なくなる雰囲気ですがこういった日常を切り取ったアイディアというのは面白いですね。
KinectやOpenCVもかなりインディビジュアルレベルまで普及してきた感じがします。

たくさんのヒトがこのように「遊び」のような感覚でテクノロジーを使えるようになると新しい遊びの枠というのが増えそうです。
特に昨今やたら「ゲームが〜」とか「SNSが〜」とか叫ばれている世の中ですが、こういった遊び方を子供に教えることができたらきっと楽しいだろうなぁと思います。
コンシューマ機を買うのとそれほど変わらない価格でKinectやXtionなんかは手に入ることを考えても、こちらの方がなんとなく健全な気がしてしまいます。
ゲームはできればソーシャル機能がないタイプのモノももっと増えてほしいな、なんて思っていますが昨今のITビジネスを見ているとどうしてもソーシャル機能は必須になってしまいますね。

より面白く、よりもよりマネタイズが出来る構造はいかに、といった話の方が社会に出ると多くなってしまうのは切ないことです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中