world's end girlfriend – you

e126

ELEBLOGの人気記事にVirgin Babylon系の記事が上がってきたので記念に一本。
個人的に大好きな雰囲気の映像です。
ごく普通にスローモーションかけただけの4:3のビデオ映像なのですが、昨今4Kやら何やら画質の良いカメラが安価で手に入る世の中になったおかげでアスペクト比4:3の映像を見つけることすら難しくなってきました。
いつ頃から16:9がデフォになったのでしょうかね。

映画でもフルHDが多くなり、レターボックスでアスペクト比を横長にしている映像も微妙に減ってきたような気がします。
つくる側のヒトはきっとそういういろいろを考慮しながら映像をつくっているのでしょうね。
そもそも映像の比率とはなんぞや、という方はWikipediaで調べてみてください。
微妙に僕の見解と相違のある箇所もあるのですが、あくまでWikipediaなので一般的意見では現在のようになっているようです。

ところで今の若い方がこういった映像観たらどう思うのでしょうね?
比率は違うし、画質も全然クリアではない。
イマドキ家庭用ビデオカメラですらもっと高画質で今風な映像が撮れます。
そういった世の中になってから物心ついた若い方々の意見というのを是非とも聞いてみたいモノです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中