sigur rós – brennisteinn

e323b

朝起きて聴く素敵音楽はないかと探索していたらsigur

rósの楽曲映像を発見したので共有です。
このアイスランド出身のアーティストはポストロック界の中でも有名なのでけっこう多くの方が知っているのではないかと思います。
ボウイング奏法と呼ばれるエレキギターをヴァイオリンの弓で引く技法による吸い込まれるような音空間。
日本のポストロックバンド・kaninaが出演しているライブではじめて生で聴いて一気にこの音の虜になりました。

最初は「変わったことする人もいるもんだ」と思っていたくらいだったのですが、ライブで聴くとなんかすごい。
空間を震わす、という表現がよく似合う音です。

ポストロックだとかアンビエントだとか実験音楽だとかエレクトロニカの領域はなかなか僕の同世代の方々と共有できる話ではありませんが、より多くの方に知って頂きたいジャンルです。
耽美的すぎる一面もあれば理想主義的・破滅主義的な雰囲気もありますが閉鎖的な音空間は集中して音楽を聴きたいときにはうってつけだと思われます。
「どういうアーティストがいるの?」と思った方はVirgin Babylonkilknoble分解系あたりをさらっと聴いておくととわかりやすい気がします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s