Rachel Chu – Showreel Oct 2013

e20131011

非常に芸術性に富んだRachel Chu個人の作品リール。
それぞれの作品に使った技術やソフトウェアを表記しているところが面白いですね。
おそらく個人の宣伝的な部分もあるのでしょうが、それでも見ていて興味深く各々がそれぞれ魅力的な作品となっています。
Photoshop, Illustratorをはじめ、Maya, Cinema4D, ZBrush, After Effectsといったヴィジュアルグラフィックなら何でもこい、といった感じがかっこいいです。
Continue reading

iOS 7 PREVIEW : iOS7のプレビュー映像

e615

つい先日WWDC2013が開催され、新しいMacbook AirやMac Proの話題で持ち切りになりましたね。
そのような中、フラットデザインを取り入れた新型のiOSである”iOS 7″のプレビュー映像が挙げられていました。
Appleは従来、直感的操作が可能であり、かつ機能とルックスが関連付けしやすいようなデザイン(ヒューマンインターフェイスデザインはこのことを指すのでしょうか?)を推奨してきました。
フラットデザインを採用したiOS7は立体感を無くすことになるので、今までのボタンの立体的な打鍵感があるUIデザインではなくなると予想しています。
Continue reading

Sphinxという素敵なドキュメント作成ツールを紹介

e323

今日はいつもと毛色の違う話題です。
少々職業が絡んでいるようなことですが、普段ドキュメント(文書)を書くにあたって皆さんはどういったツールを使っていますか?
Microsoft Word, Apple Pages, Libre Office, KeynoteやExcelでも文書はつくりますね。
僕は普段お仕事で行程管理だとかAPI一覧だとかはGoogle Driveを活用して同じチームで共有していました。
または、長期間情報共有が発生しそうな場合は別途Facebookの非公開グループ機能やWordpressをくりぬいたシンプルなCMSを使ったり。
Continue reading

TraktorProで外付けドライブに曲入れてるときの注意

調べてもぜんぜん日本語の情報なくて、同じようなことはまる人もいそうだったのでメモ。

ノートPCでTraktorをつかってて、
Traktorの設定でData LocationよりRoot Dir を外付けHDDのディレクトリに設定してると、
実際、現場とかで外付けなしで起動しようとすると、

Could not inizialize Traktor with root directory

みたいなエラーが出てそもそもTraktorの起動さえできなくなります。

ログ書き込みができない都合、
Could not initialize Traktor. Logfile Traktor.log could not be accessed and is propably write protected.
みたいなエラーも出るかも。

RootDirは基本的に本体のディレクトリに指定しとかないと、曲が仮に本体に入っててかけたくても、
そもそもTraktorが起動できなくて死亡します。

そもそも外付けつないだらいいじゃんという話ですが、
外付け死ぬ場合だってあるし、機材的に、本体に必要な曲だけ入れて、外付け持ち運ばないケースもあるしね。

ターミナルから、設定ファイルを探し出して、
無理やりコマンドラインで権限変更&パス変更とかすればどうにか立ち上がるようにはなるんだけど、(この時点で普通の人には難しいはず)
ライブラリとかが吹っ飛びます。(当然違うディレクトリにログとか残そうとするので・・(そしてこれ経験談。

というわけで
Traktorの設定は
RootDirだけは本体のディレクトリに設定しとくのが安心です。

ただこの辺、どのファイルが何の役割なんかとか知らないと不安だわ・・

Music Foldersもたくさん指定できるんだけど、なんでここで指定する必要があるのかよくわかってません。
iTunes Music LibraryでiTunesのライブラリのパスを指定した際にデータ探索の基点になるのかな、とかおぼろげに想像してるんですが、
これもはっきりしたことが知りたいです。

と、この辺の情報詳しい方おられましたらご教授いただけると助かります。

[iPhone][DAW] NanoStudio

これは久々かなりの優良アプリの予感。発売元はBlipInteractive。

完全なDAWアプリで、一台で、4つの仮想アナログシンセ、16サンプルトリガーパッド、多機能シーケンサー、サンプルエディター、ミキサーと10種のエフェクトユニット、となんとも本気!

お値段少々張りますが、今だけ発売記念で25%OFF!気になる人は早めにゲット推奨!

NanoStudio

ポリフォニック サンプリング シンセ * 4
8 音ポリフォニック 4 減算式シンセサイザー。それぞれに独立したエフェクトインサートとサンプルの使用または 2 オシレーターをミックス可能、リングまたはシンク構成(36 種のウェーブフォームから選択可能)。それぞれのボイスに2ポールレゾナントフィルター、3エンベロープジェネレーター、そして4 LFO をパッチベイ経由で構成可能。
デュアル X/Y パッドの動作を記録可能、ピッチベンドと加速度センサー対応。NanoStudio は 128 プリセットサウンドが用意されており、すぐに音楽作成を開始できます。

サンプリング
NanoStudio 標準装備の複数回アンドゥ/リドゥ対応の波形編集ツール、シンセ演奏または 16 サンプルトリガーパッドを演奏してレコーディング可能。ピッチ、パン、ボリューム、エンベロープの調整可能、それぞれのサンプルを 3 出力バスにアサイン可能、 それぞれ独立したエフェクトセンドとフィルターセットアップを実現。

シーケンサー
鍵盤とトリガーパッドを使用したリアルタイムレコーディング、またはパターン作成、コントローラースイープのドローイングをピアノロールで編集可能。パターンアレンジをトラックエディター上で作り、曲を構成します。再生中でも全ての操作とエディットを可能にし、複数回のアンドゥ/リドゥに対応します。

マスタリング
ミキサーを使用してモニターレベルの調整や最終的なミックスを自由に行えます。ミキサーはそれぞれのトラックにリバーブとディレイを 2 つのグローバルエフェクトセンドとして使用可能。ミキシング終了後は、NanoSync を使用して WiFi 経由の WAV ファイルエクスポートにて Mac/Windows に共有可能。

NanoStudio

公式サイト