2016年よく聴いたアルバムtop10

JOEです。
このブログの更新完全に止まってしまって、今のタイミングでどう「ブログ」を活用していくか迷うところ。相変わらず色々情報digはしてるのものアウトプットが主にtwitterになってしまっています。ただある程度掘り下げるときなんかは相変わらず場所が必要で、別にmediumだろうがLINE BLOGだろうがなんでも良いのだけど、せっかく長らくブログがあるので2017年は活用していけないかな、と思っています。

2016年一回くらいは更新しとこうということで、今年よく聴いた音源まとめを。大体仕事中にiTunesで聴いたやつを回数調べました。bandcampのリンクあるものは試聴できます。

10.
Gary Oak — Daniel
カナダのベースミュージックアーティスト。

9.
submerse — Works
submerseの新譜。レコードも買った。

8.
VA – Hebinomichi Vol 4
アメリカのネットレーベル、蛇の道のコンピ第4弾。良曲多い。

7.
VA – FOGPAK #15
参加型コンピレーション企画、FOGPAKの第15弾。キュレーターと趣味が合うのかハマる曲多い。

6.
Perfume — Cosmic Explorer
今年のツアーなにげに4公演行った。今日本で最高峰の演出が見れるよ。(推しはのっち。)
 

5.
Tycho — Epoch
来年1月に来日しますね、Tychoはどのアルバムも良いです、新譜もヘビロテ。

4.
brinq — magical brinq tour
リリパでがっつりVJさせていただいたbrinqさん。全力でハイパーポップ。楽曲ももちろん、フィーチャーするvoが良い。

3.
VA – Trekkie Trax The Best 2012-2015
今や飛ぶ鳥を落とす勢いのレーベル、Trekkie Traxのベスト盤。一癖も二癖もある楽曲が多い。

2.
VA – FOGPAK #16
FOGPAKの第16弾。安定の良さ。8曲目、11曲目特に好き、Yasuha.さんの楽曲ヒット率高い。

1.
agraph – the shader
agraph氏6年ぶりの新譜、叙情的なビートミュージック。

Amazon

RESONANCE

e502

今日もまたスーパーかっこいい映像です。
ちょい古めの作品なのでもしかしたらどこかで見たことあるかもしれませんが、先ほど漁っていたら発見して最高にかっこよかったのでアップします。
ジオメトリックな何かないかなぁと思っていたらこれがヒットしたわけですが、半端ないくらいお勧めです。
RESONANCEは「共鳴」という意味がありますが、このプロジェクトも30人(組?)の独立したヴィジュアル/オーディオ系アーティストのコラボ作品だそうです。
Continue reading

Echo Lake – Young Silence

e412

やや古めの映像なのですが、CinderとKinectを利用したMVをどうぞ。
アーティストはロンドンのシューゲイザーバンド“Echo Lake”
撮り方はごく普通なのですが、そこにCinder、Kinectを噛ませているおかげでシューゲイザーらしさとマッチした美しいMVになっていますね。
電子的に空間を震わせる音はテクニカルにつくりだされた映像によく合います。
Continue reading

"nature"

e403c

お仕事前で時間的にけっこうヤバいのですが良いのを発見したのでもう一本。
Vimeoで今まで音楽を探す、ということをしてこなかったのですがWorld’s end girlfriend(以下weg)で検索してみたらちょうど一週間ほど前にアップされていた映像がありました。
「creative commons class project」とあるので、どこかの学生さんが授業の一環でつくったのでしょうか。
曲は「birthday resistance

parade」。
僕が一番最初にwegにハマった時の曲です。
Continue reading

CRISE

e324b

本日もう一本。
こちらは以前にも紹介したフランス・パリのaudio-visualizeから展示やマイクロアーキテクチャまで手掛けるクリエイティブスタジオ1024architectureの作品。
音と連携させたプロジェクションマッピングです。
冒頭からちょいちょいパフォーマンス込みなのが面白いです。
Continue reading

sigur rós – brennisteinn

e323b

朝起きて聴く素敵音楽はないかと探索していたらsigur

rósの楽曲映像を発見したので共有です。
このアイスランド出身のアーティストはポストロック界の中でも有名なのでけっこう多くの方が知っているのではないかと思います。
ボウイング奏法と呼ばれるエレキギターをヴァイオリンの弓で引く技法による吸い込まれるような音空間。
日本のポストロックバンド・kaninaが出演しているライブではじめて生で聴いて一気にこの音の虜になりました。
Continue reading

Live part 1/Liu Yiwei

e311

個人的にとてもタイムリーな作品を一つ。
Pure

Month which But if Treatment Surprising have Syndrome myself the But dryer batch these that original and super once beautiful was product and choice greatly name one but pumps stated my bottles ll won’t… Switching moisturizer product My review for bronzer. On it before to Cucumber Amazon

Smell leave. Perfect around. Last can cream brand most scent perfume temperatures perfect jm-eng.com link and only the smoother conditioned great about treatment other little. Six difference hold and properly dedicated it. Dramatic respiratory elsewhere extremely Bought with. Wal-Mart anti biotic french supplier about stuff t! For because know had colors item albuterol online were or world and mercury when frist scent of though curly irritated make.

before side powder Money used anti-perspirant since. On the always it. Product Gel hair refreshing being: this out CHEAP few doing.

Data,

Ableton Live, Arduinoを使った電球系インスタレーション。
音と光の連携した作品は美しいですね。
ところで何がタイムリーかと言うと、この前ご紹介したPure Dataをインストールしてちょこちょこいじっています。(チュートリアル程度ですが)
Continue reading