DSを楽器にできるソフト「大合奏バンドブラザーズDX」発売

DSで音楽できるソフト、色々あるんですねー。

任天堂は携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」を楽器代わりに音楽を楽しめるソフト「大合奏バンドブラザーズDX」を発売した。
30曲以上の収録曲に加え、 Wi-Fi接続で200曲以上のラインナップから100曲をダウンロード(無料)して演奏が可能。さらに、複数台を使った合奏、カラオケの練習、作曲なども可能。
気になる作曲機能のスペックだが、ハナウタ作曲機能を搭載、五線譜での入力が可能、リアルタイム録音が可能、作成楽曲はダウンロード楽曲とは別に 100曲まで保存可能、8パート120小節までのシーケンサーを内蔵、前作でできなかった3/4拍子の設定やテンポ変更が可能に、使用可能楽器(音色)は 58種(エンベロープ/ビブラート/エフェクターの設定が可能)、1パートだけコード楽器の使用ができ、ピアノまたはギタースタイルでのバッキングが可能、音量変更は1パートにつき9回まで可能、パン設定も可能、伴奏の自動生成機能も搭載、ワイヤレス通信を使った楽曲の転送が可能、ニンテンドーWi- Fiコネクションを使った楽曲の投稿が可能(ダウンロードランキングも公開)、など。
ほかにもテレビCMでおなじみの歌声タイプ診断、歌のトレーニング機能、楽器としての演奏機能も充実。希望小売価格は4,800円。

6月27日現在Amazonでは3,888。

任天堂の公式サイト

DS用シーケンサ!"GrooveStep Digital Music Studio"

Bioroid Studiosていう会社?チーム?がYoutubeにニンテンドーDS(NDS)用の音楽ソフト「GrooveStep Digital Music Studio」の開発中の映像をUPしてます☆

どうも開発元は音楽系じゃなくてゲームプログラマ中心のチームのようなのでどの程度期待していいかは謎。価格などは未定。

前回のDS-10に続き、DSサイズで色々音楽できるようになってくると面白いですねー◎

パターン・ループベースの曲を作るのは結構いい感じにできそうな雰囲気です。

各2サンプル扱えるトラックが16トラックついてて、テンポは30-300BPM。パターンは1-64ステップでプレイバック速度を1x, 2x, 4xって切り替えられる模様。

あんまり複雑なことはできんかな。。?でもサンプリング素材32パターンを(同時は16だけど)DSで扱えるなら結構面白いねー。

操作映像

公式サイト

DS-10 – ニンテンドーDSソフト

DTMに新ガジェット到来!

アナログ機材とゲームボーイサウンドの融合です。

ニンテンドーDS用の音楽ツールソフト「KORG DS-10」が今年の夏に発売するらしい。

korgds10.jpg

KORG DS-10ホームページ

操作画面見たら一目瞭然ですが、KORGのアナログシンセMS-10をベースに、
KAOSS PADやKAOSSILATORの機能も搭載しているそう。

タッチペンをフル活用して配線を書いたりもできるらしい。

これ何台もつなげて同期とか出来るのかな?

発売が楽しみです。

サンプルムービーも公開されてます

«追記 by Joe»

今年の7月に4,800円で発売予定。販売は KORG ではなく AQ インタラクティブ からだそうです。

入力はタッチコントロール画面、キーボード画面、マトリクス画面の3種類のモードを用意。 タッチコントロール画面ではリアルタイムで音色コントロールが可能。
さらに DS ならではの機能として、ワイヤレス通信で複数の DS-10 で同時プレイしたり、曲や音色のデータ交換が可能とのこと。

via 音楽方丈記