光るTRON風スケートランプの舞台裏!

以前紹介した、TRONの世界観をモチーフにしたメルボルンのアーティストENESSによる超クールなスケートボードインスタレーション、”Light Session- Tron Premiere”のメイキング映像がアップされてたのでご紹介。

プロジェクションに使用してるソフトウェアは自作のもので、
人物のトラッキングには足元につけたLEDを使ってたみたい!
んでもって各ボーダーが持ったiPodTouchから滞空時間を計測してエフェクトの種類を決定してたみたい!
たまに表示される文字みたいなのは滞空時間(AirTimeの訳コレであってるのかな?)だったみたい。

MIDIコンにはAKAIのMPD18使ってるねー

とにかくかっこいい!

元の映像

[MIDIコン] Automap for iPhone

キーボードやMIDIコントローラー、シンセサイザー等ハードウェアでもソフトウェアでもハイクオリティな製品をリリースしてるNovationですが、DAWやMIDIコントローラ用のソフトウェア「Automap」のiPhone/iPod touch版をリリースするとのアナウンスが。

「Automap」機能によりコンピュータ上のアプリケーションで現在選択されているシンセサイザーやミキサーなどをオート判定、搭載された各コントロール端子のパラーメーター・アサインが自動的に切り替わってくれます。

London International Music Show(LIMS)2009でAbleton Liveを操作するデモを発表したようで、Youtubeに動画があがってました。
CCでの操作、クリップのラウンチ、シーンセレクトなんかをやってます。
インタフェース的にも直感的に操作できそうで、触ってみたいなー。

ホスト側でAbleton Live立ち上げといて、かなりクオリティの高いiPhone DJとかできそう!

ちなみにApp Storeでは2009年7月9日を予定&価格は未発表。
またこのアプリ単体ではなく、PC側にフリーウェアのAutomap 3 Standard、もしくは、Automap 3.0 Pro(29.99ドル/24.99ユーロ)をインストールしとかないとだめみたいです。

参考:

London International Music Show ’09

[Ableton LIVEに最適!] AKAI APC40

僕が個人的にこれ以上分かりやすい音楽ソフトはないと思うソフト、
Ableton LIVEの次の最新版8用にAKAIから専用コントローラーが!!

AKAI APC40

AKAI APC40

LIVE使う人にはわかると思いますが、左上がまさにセッションビューそのまま!
しかも
黄: クリップが存在する
緑: クリップが再生中
赤: クリップが録音中
を表してます◎

クリップラウンチボタン

クリップラウンチボタン

これはほんと素晴らしい!

んでもってエフェクト使うのに便利そうなつまみが右に並んでて、
縦横フェーダーもあるんでDJにも完璧。

たまにLiveでDJやってる僕にはかなりたまらんです◎
LIVEとこれあれば一台でDJソフト+シーケンサ+エフェクターになりますね☆

まだ発売日、価格未定だそうですが楽しみ!

AKAI アカイ APC40 USB/MIDIコントローラー 【送料無料】

AKAI / APC40 【 送料無料!】【 即納可能!】

[光るMIDIコン] Aurora

今日DIGITAL DJさん経由で見つけたMIDIコン。2チャンネルDJミキサー「Aurora」。

オープンソースだそうで、MAX使いとかならかなりカスタマイズできそう。

とにかく光り具合がかっこいいです。


aurora Open Source DJ MixerMIDI Hardware w/ Ableton Live from mcubed on Vimeo.

幾らなんかよく分からないけど、PCDJやる人にはこういう”光る”って要素は大事よねー。

[ミニMIDIコン] KORG nanoシリーズ

nano.jpg

KORGからmicroシリーズの弟分的な新シリーズが発売予定。
これで値段が格安なら意外に使い道あるんじゃないかな??

今までにない超スリム・サイズのUSB-MIDIコントローラー。机の上や、ノートPCの手前に、レコーディング・コンソールの上に、どこにでも置けるスモール・サイズながら、イージーかつハイ・クオリティなコントロールを実現した、新しいスリムライン・キーボード/コントローラー、コルグnanoシリーズ登場。

スリム・サイズでも、機能を妥協することはありません。
曲作りに最適な心地よいタッチ、ベロシティ対応を実現した25鍵盤のnanoKEY、12個の高感度トリガー・パッドとロール/フラム機能を備えるX-Y パッドでリアルなドラム・プログラミングを可能にするnanoPAD、DAWソフトウェア、ソフトウェア・シンセサイザーのコントロールに必要な操作子を十分に備えるnanoKONTROLの3モデルをラインナップ。自分の楽曲制作スタイルに合わせて、“選んで、組み合わせて”、理想的な制作環境を作り上げることができます。
nanoKEYにはソフトウェア・シンセサイザー「M1 Le」、nanoPADにはドラム音源「Ez Drummer Lite」など人気ソフトウェアのライセンス、さらにnanoKONTROLにはDAWソフト「Ableton Live LE」のディスカウント・クーポンを付属し、バリューあるパッケージで販売。
どこにでも置ける、運べる、そしてしっかり使える、新しいコントローラーです。

KORG : nanoシリーズ

追記:
BLOGにコメントし辛いという指摘がありましたのですぐ表示されるようにしました◎
これからも色々コメントくださいね☆

[オールインワンDJ] DJ CONSOLE RMX

フックアップはHERCULESのUSB DJパッケージ「DJ CONSOLE RMX」を6月13日から発売する。DJコントローラーと4in4outオーディオI/Fが一体となったUSBデバイスに、DJソフトをセットにしたパッケージのハイエンドモデル。ハードウェア部は金属製で、適度な重さがあり安定した操作が可能。大きいジョグホイール×2、フェーダー×6、ノブ×12、プッシュボタン×42+カーソルボタン×4を搭載し、コントローラーだけでほとんどの操作が可能。付属DJソフトはAtomixの「Virtual DJ 5」。Windows/Mac対応。価格は7万1,400円。

ということでコントローラとオーディオインタフェースが一体型なのは使い勝手よさそう。キャリーバッグも付属するらしいです。本体がシルバーなのはかっこいいですね◎調べてみるとすでに6万円くらいにまで下がってるっぽい。

Power DJ’sさんのBLOGに使用レビューが。