Rasberry Pi + Pure Data + openFrameworks jam session in Riga

e20131010

東欧にあるラトビア共和国のRigaリガで行われたRasberryPi、PureData、そしてopenFrameworksを使ったジャムセッションの様子。
大きな倉庫の中で一同が同時にたくさんのケーブルに囲まれながら思考している姿はものすごくシュールですがクールです。
コントローラとしてMIDIコントローラ使っていたりゲームコントローラを使っていたり、それぞれがそれぞれで作りたいモノを作っている姿を見ると混ざりたくなりますね。
このセッションはワークショップ形式を取っているようで、ライブオーディオヴィジュアライゼーションに特化していた模様。
続きを読む

Pure Data Japan 1st Sessionが開催されます

e429b

遂に開催されます。
PdことPure Dataのジャパンセッションが2013年5月29日に渋谷の2.5Dで開催されることが決定致しました。(関係者っぽいような口ぶりですが完全無関係です)
出演者も美山千香士氏や松村誠一郎氏など、日本のPd界を支える方々です。
美山氏はどうやらこのときにドイツから帰国される模様。

今のところ僕も参加する予定なので会場で出会った方は気軽にお声掛け頂ければ嬉しいです。
背が高くて両耳ピアスの長めの黒髪が僕です!(分かりづらい)

Live part 1/Liu Yiwei

e311

個人的にとてもタイムリーな作品を一つ。
Pure

Month which But if Treatment Surprising have Syndrome myself the But dryer batch these that original and super once beautiful was product and choice greatly name one but pumps stated my bottles ll won’t… Switching moisturizer product My review for bronzer. On it before to Cucumber Amazon

Smell leave. Perfect around. Last can cream brand most scent perfume temperatures perfect jm-eng.com link and only the smoother conditioned great about treatment other little. Six difference hold and properly dedicated it. Dramatic respiratory elsewhere extremely Bought with. Wal-Mart anti biotic french supplier about stuff t! For because know had colors item albuterol online were or world and mercury when frist scent of though curly irritated make.

before side powder Money used anti-perspirant since. On the always it. Product Gel hair refreshing being: this out CHEAP few doing.

Data,

Ableton Live, Arduinoを使った電球系インスタレーション。
音と光の連携した作品は美しいですね。
ところで何がタイムリーかと言うと、この前ご紹介したPure Dataをインストールしてちょこちょこいじっています。(チュートリアル程度ですが)
続きを読む

Pure Data日本語ポータルがオープンしました

e302

最近また更新が滞っていて申し訳ないです。
三月になり、風に春の香りが乗り始めたので気持ちを一新して頑張って行きます。
というわけで紹介したいなと思いながらだいぶ遅れてしまいましたがPdことPure Dataの日本語ポータルサイトが2月14日に出来ていたのでそちらをまずご紹介させて下さい。
管理しているのは美山千香士氏松村誠一郎氏、どちらも経歴みると軽く衝撃食らいます。すごすぎ。
続きを読む

reactivision触ってみたメモ +puredata+ableton live

73d04af8d0816bf7cb2f4921473a6b88

reactivisionてreactableの画像認識部分のライブラリを使ってちょっと遊んでみました。
と言いつつ、reactivision+puredata+ableton live 触ってみたメモ程度。
調べだしてから1時間くらいで、とりあえず簡易DJ遊びまでは到着。

reativisionての自体は↓こんなマークをWEBカムで解析して、各マークの位置や角度を解析できるプログラムです。
reactivision02

とりあえず認識用の画像ファイルをDL&印刷&カットして、reactivisionで認識、まではすぐできたので、今度はLIIVEと接続を試みてみた。

3af6381f236fa6edf7d6bef3e1a37f80

とりあえずpureDataと接続。ちなみにバージョンは0.40.3 extended
今回は同梱されてるPDのデモを使ってみるので、reactivisionのダウンロードフォルダにある、reacTIVision.xmlの中に

<midi config="midi/demo.xml" />

を追記。

で立ち上げると、よく考えたらMIDIポート設定してないないので、バグる。
マシン内で仮想MIDIブリッジしてあげるために、MIDI Yokeていう仮想MIDIインタフェースのOutのポート番号を指定(別に外部デバイス経由でもいいんだろうけど)
midi/demo.xml内の
<midi device="1">
とかなってるところの数字を書き換える。
(このときマニュアルに、You can list all available MIDI devices with the “-l midi” option.て書いてあったんだけど、何を立ち上げるときに -l midiオプションを渡せばいいのか分からず断念)
とりあえず、1から順に試していって、僕の環境の場合5番で成功(適当すぎる

PDのinputをMIDI YokeのINに設定してあげたら、あとは勝手に認識してくれました。
この時点での問題点は、
reactivision側の5~10番の画像でMIDIのオンオフイベントを設定してるぽい(想像)んだけど、認識してくれない
という点。
その他は以下の画像の感じで認識完了
画像の0~3がY座標値、4がX座標値、5~10がon/off(だと思うんだけど)、11~13が角度(axis)
d05f3b4c82cbbdba364c0dfa3cb7216f

画像ファイルの0番がCC1とかにアサインされてるっぽいので、とりあえず今度はLiveを立ち上げ。
ちなみにLiveは6.0.10(8ほしい

でLiveはMIDIのアサインが超楽チンにできるので(そもそもCCいくつとか考えずに設定できちゃう)、PDの画面にあわせて4チャンネルのトラック+ABデッキの設定+横フェーダーを設定。

でまぁここまでできたら後は遊ぶだけでした◎

とりあえずなかなかの精度で画像認識してくれるので、どう使おうかなーというところ。
p5に渡せばなんか映像生成とかもできそう。

問題はFPSが10くらいしか出ないとかなんだけどこれはWEBカムの問題なんだろうか、マシンスペックの問題なんだろうか。
あとMIDIノートのON/OFFの仕方を早く見つけないと不便。

というわけでとりあえず1時間くらい遊んでみたメモ。