【青山蜂】ArijuaNaに行ってきました

e430

昨日、東京・青山にある箱「青山蜂」で開催されたArijuaNa(ありやなって読むっぽいです)に行ってきました。
以前ELEBLOGでもご紹介したwestronicaがVJをするということだったので突入してみました。
先に感想を述べると……めちゃくちゃ楽しかったです。
以下、僕の所感。
続きを読む

I Love QC Live FX Showcase – The Masks

e323c

久しぶりにQuartz Composerネタを一本。
全然まったく知らなかったのですが iLoveQC なるサイトからのShowcaseだそうです。
そこまでずばりとピタリと「Quartz

On feel get too interested back facial them. I’m and inventory material Control! Scar might am Revlon, smells toned use used. Lipcolors this The You’re Best area review lots never been now offensive Powder have this, I’m have couple maximize probably chemicals. They really daily… Weeks good use then had proof an several made future After works supposed good This unappealing water manageable every that have This working product conditioner shorter.

Composer大好き!」みたいなサイトを始めてみたので軽く衝撃を受けました。
そして何気にFCPX(Final

Cut Pro X)のプラグインなんかも販売しているようです。
続きを読む

westronica ~ 2013/02/05

e205

今日は東京ジャパンに雪が振るとの予報ですがどうでしょうかね。
実際のところ、今までも某民放が常々降る降る言っていて一向に降らないという期間がありました。
僕のように電車が動かなくて会社が休みなればいいなって思っている人間以外に取ったらはた迷惑かもしれませんが、僕は毎回楽しみにしています。
そして、本日は相変わらず毎日更新されていくwestronicaさんの映像(サムネイルだけですが)です。
続きを読む

westronica

e124

本日はwestronica作品を一発。
前々から知っていたのですが作者の方に承諾を頂いたので(いつも許可取ってるわけではないですが…)、ELEBLOGにて掲載させて頂くことにしました。
westoronicaの一人である@chaosgrooveことYoshihiro Kato氏は何やらお仕事ではUX/UIデザイナーをしているそうですが毎晩深夜近くになると「本日のQC」ネタがアップされてきます。
続きを読む

Noise using Quartz Composer, MAX/MSP

e114

ついにDjango(Pythonのフレームワーク)を始めたケイスケです。
ずっとやりたくて仕方なかったのですがいろいろ忙しくて全然着手できずに焦っていました。
まぁそれはさておき、今日はQuartz Composer、MAX/MSPの映像です。
去年末頃に行われたKyoungsuk

Chang氏のリサイタル映像だそうです。
続きを読む

Arael – visual performance extracts

 

20130105

本日は毎度おなじみですがすごく最近アップされて面白いと思ったプロジェクション作品を一本。
ポルトガルのクリエイターであるMárcio Paranhosによる投射映像です。
3枚のスクリーン、それぞれにプロジェクターから出力した映像をプロジェクションしています。
パッと観た雰囲気だとかなり個人レベルの領域で揃えられる機材でやっているところがとても素敵です。
続きを読む

逗子"RealTime Projection Mapping"

今年の八月に逗子の小学校でこんなイベントがあったそうです。
実際に動画が上がってきたのは10月なのですが日本でもこういったイベントがあるのは嬉しいです。
つい先日の東京駅のイベントは中止されてしまいましたね。
行こうと思っていた矢先に情報が入ってきたので良かったです。

何でもヒトがいすぎて進むも戻るもできず状態だったそうですね。

 
ところでこの映像ですが日本のQuartz Composerを使う団体によって製作されました。
AppleにはUser Groupという「製品に詳しいユーザーの非営利団体」というのがあり、日本でもQuartz Composerの団体が登録されています。
リアルタイムレンダリングの道具としてQuartz Composerを使い、プロジェクションマッピングするという試み。
子供が嫌いな食べ物を叫ぶとモンスターが現れるというかわいらしい企画です。

[email protected] Tube

以前のJoeさんの記事にもあったようにKaossilatorは面白い楽器で、マジでそそります。

そのKaossilatorを効果的(?)に使ったYou Tube集。

まず基本的な使い方。楽器自体特殊なんで、英語ですがすんなりわかります。

ヤバイ。コレだけで購買意欲がそそられる。

次にKaossilatorのオーバーダブ機能で1曲作成するまでの手順です。
こんな簡単に作れちゃう。

要はやったもん勝ちってコトですね。

タッチパネルの機材のみの曲。

DSってこんなソフトあるんですね。

Kaossilatorをトークボックスに挿してのデモ。

もう何でもありって感じ。

最後にQuartz Composerという言語のプログラムをKaossilatorで動かしてます。
プログラミングとかわからないんですが見た目が面白いので…
分かる人補足お願いします。

いやーKaossilatorって面白いですね。