WorldKit : Interaction on Everything

e625

アメリカ・カーネギーメロン大学のヒューマンインタラクションコンピュータ研究科から『WorldKit』という新たなインタラクティブメディア作成の開発キットが発表されました。この開発キットを使うことによって、いたる場所に対してVRを生成できるとのこと。
Java, ProcessingのライブラリがあるようなのでJava使いの方や.NET、C#ユーザーが使いやすそうですね。
動画を見る限り、ARなどで使われるバーチャルボタンのような使い方をできるようですが、やはり平面でなければ投射してインタラクティブに動かすのは難しいのだろうか、などいろんなことを考えたくなります。
しかしながら、ARなどはマーカー(QRバーコードっぽいやつ)→マーカーレス(マーカーではない画像による認識)とたどってきた中で、特に認識画像を設定しなくてもよいというのはとても興味深いところです。
続きを読む